こんにちは

始めました!「パッチワークねこ」

「パッチワークねこ」..
「パッチワークの猫」としても良さそうなのですが…

これは今はなき「パッチワーク通信」からの猫ちゃんです。
それも昭和61年12月1日発行という古い古い号に紹介されていたものです。
そこには「パッチワークねこ」とのタイトルが付いていましたのでそのまま呼称しています。
「パッチワークねこ」はじめました
画像の2匹の猫さんはオリジナルサイズで作って有りますが

今回は約半分の大きさに縮小しまして子猫を作ってみます。

行ってきました!満開の宝塚「花の道」。

春の宝塚へは神戸に越して来て以来毎年出掛けています。
指折り数えてみましたところ4度目となりました。

昨年は少し近隣の様子も楽しみましょうと二駅前の「逆瀬川駅」で下車して歩いてみましたが…
遠かった!(笑)

今回はもうひと駅乗り「宝塚南口駅」で降りて見ました。

「宝塚南口駅」は界隈は既に歩いていますし宝塚大劇場に行くには一本道の直近ですし迷うこともなくサクッと宝塚大橋へ。
お約束の宝塚大劇場をバックに裸婦像「渚」 (彫刻家・淀井敏夫作)と阪急電鉄の3ショットを撮影

裸婦像のおしりの下あたりと右下に桜を入れたのですが…見えますでしょうか??
桜の宝塚へ 宝塚大橋から大劇場を眺める

 

今シーズン最後の晴天でしたので大混雑かしらん??と思いきや 拍子抜けするほど少なめの人出。
きっと私達が出かけた王子動物園がそうで有ったように同じその日の花の道は大変な賑わいだったことでしょう。

撮影スポットの一つ 「花の道」の石灯籠辺り
満開の桜 花の道宝塚 

満開の桜 花の道宝塚 

オスカルとアンドレの像

満開の桜 花の道宝塚 

 

こちらも花のみち  レビューの像

満開の桜 花の道宝塚 

 

小林一三像の辺り

満開の桜 花の道宝塚 

小林 一三は日本の実業家、政治家。阪急電鉄・宝塚歌劇団・阪急百貨店・東宝をはじめとする阪急東宝グループの創業者。(ウィキペディア)

その像の目の前に建つのが宝塚大劇場

正面入口
満開の桜 花の道宝塚大劇場

 

帰り際に高いところから大劇場方面を眺めてみました。

満開の桜 花の道宝塚大劇場

またもや私の春の一日にお付き合いありがとうございました。

下のリンク先は数百人ものキルターさんが参加しているランキングサイトです。
私の様なアマチュアをはじめプロのキルターさんまで幅広く登録されています。
そんな皆様渾身の素敵な作品が見られますよ~ホンマにホンマやで~w。
にほんブログ村 パッチワーク・キルト
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。