「鳴門のうずしお」3月最後の晴天に楽しんできました~!

Sponsored Links

こんばんは

先日、3月最後の晴天に「鳴門のうずしお」を楽しんできました~!

途中一度WC休憩をとり1時間20分程で明石海峡大橋を渡り淡路島を突っ切り「うずしお観潮船」乗り場の有る徳島県鳴門市鳴門町に到着しました。

あら 意外と早くついたわね~!!(私は座っているだけでしたが…ww)

うずしお観潮船はこちらのwebサイトです。うずしお観潮船【公式サイト】

うずしお観潮船は事前予約が必要な「アクアエディ」という46人乗りの水中観潮船と予約無しでOKの「わんだーなると」399人乗りとが選べます。

定員 399名のわんだーなると

定員 399名のわんだーなると

我々は春休みの観光シーズンですし道路の混雑等の予想が付きませんのであえて予約無しで向かったのでした。

ですがナゼか事前予約が必要な「アクアエディ」に乗れたのでした。

我々3neko一行はこのアクアエディーに乗船

我々3neko一行はこのアクアエディーに乗船

 

実はダメ元で正午前に到着した「アクアエディ」の窓口へ行き

息子Bが「13時15分の便に乗れませんか~?おとな三人なのですが..」と

渦潮観光船乗り場

渦潮観光船乗り場

すると窓口の男性は「おとな3人ですよね  大丈夫ですよ ちょうどキャンセルが出たところですので..」 と。

なんというラッキーしかも並びで…  ここ一番の引きが強いね~!! ←息子は確かに昔からそのような事がよくありました。

 

「なぜすぐの便でお尋ねしたの??」と息子に訊いてみますと
「この日一番の渦が期待できる時間が13時30分だったから13時15分の便がジャスト ほら見てみ!」と

確かに最強時13時30分とありました。

確かに最強時13時30分とありました。

 

時間となり出発

水中席の様子

アクアエディーの船内

アクアエディーの船内

皆さん着席していたのは最初だけ…

息子Aを含む9割の皆さんは甲板に出て行ったのでした。

ナゼかすぐに皆さんがゾロゾロと戻ってきました。

どうしたの??と息子Aに訊いてみますと

「係員さんに止められても殆どの人が言うことをきかないで甲板に出たら海水を浴びて…」と。

 

水中席からはきっと魚でも見られるのかしらん??と楽しみにしていましたが一向に何も見えず…

間もなく「現在大鳴門橋の下に到着しました」と係の方からアナウンスが。

「窓から縦に細い渦が見えています!!」と

確かに細~い細~い何者かがチョロチョロっと 何かイマイチww

予想外の眺め(笑)

予想外の眺め(笑)

 

そして甲板に出ますと   大迫力の渦潮

画像の日本丸は淡路島側からの船で700人乗り

日本丸は700人乗り!!

日本丸は700人乗り!!

渦と日本丸とかろうじて大鳴門橋ww

渦と日本丸とかろうじて大鳴門橋ww

この日最大の渦!!

この日最大の渦!!

 

もう大満足!!

猫達も待っていますしお土産を買って帰ろう!!ということになり大鳴門橋を渡り「道の駅うずしお」へ

道の駅うずしお

道の駅うずしお

以前TVで紹介されていた名物ハンバーガーを食べようとお店まで行ってみますと

混んでいたのでココはパス  春休みですし  また今度。

あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン 本店

あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン 本店

一枚写真を撮り帰宅することに

道の駅うずしおから見た大鳴門橋

道の駅うずしおから見た大鳴門橋

最後に車内から撮った明石海峡大橋からの夕陽。

明石海峡大橋からの夕陽

明石海峡大橋からの夕陽

長くなりました
最後までご覧いただきありがとうございました。

下のリンク先は数百人ものキルターさんが参加しているランキングサイトです。
私の様なアマチュアをはじめプロのキルターさんまで幅広く登録されています。
そんな皆様渾身の素敵な作品が見られますよ~ホンマにホンマやで~w。
にほんブログ村 パッチワーク・キルト
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

Sponsored Links

Translate »