スポンサーリンク

パッチワークのような紅葉を求めて丹波焼の里 篠山へ

こんばんは

先日18日、出直し市長選と「丹波篠山市」への市名変更の賛否を問う住民投票が行われました
今注目のエリア??w 丹波篠山市(まだ仮)へ遊びに行ってきました!

その決め手は神戸新聞ありました記事でした。

「晩秋の装い山肌パッチワーク 丹波焼の里 篠山」記事のタイトルもさることながらに紹介されていた1枚の写真 紅葉の中佇む「兵庫陶芸美術館」。

ぜひ私も見てみたい!!

息子たちの都合の良い、しかも天気もバッチリの今日出かけてきました。

神戸新聞の記事に紹介されていた写真とは
少し角度が違いますが美しい紅葉のパッチワークを見てきました~!

 

山肌を流れる雲の影をやり過ごしチャンスを狙って..

こんな感じに撮れました。   建物は「兵庫陶芸美術館」です

 

 

もう一つ見どころが..

丹波焼 最古の登窯

 

明治28年に築窯されたという登窯で

兵庫県の有形民俗文化財に指定されている丹波焼 最古の登窯。

 

反対側もw

せっかくですので上部からw

 

お囃子も聞こえていましたのでお祭り期間中なのでしょう

車に戻りますと..後ろに。

 

 

思っていたような写真が撮れたことですし…お昼に。

息子Aがココは??と言ったお店は少しお高いのだとか..

そこで息子Bが調べておいたお店へ。

息子Aが言うにはココのお店は丹波伝統工芸公園立杭陶の郷の中にあるから入館料が必要だと…。

息子Bはその間に料金所へ…

間もなく「話を聞いてきたよ~!」と手招きしていますのでそのままお店へ。(食事のみの利用者には入館料金はかからないそうです)

獅子銀 陶の郷店 (シシギンスエノサトテン)さん ←読めませんでしたw しかも覚えられません(笑)

 

立杭(たちくい)定食

食後に「これからどこへ??」と訪ねますと

もう一箇所行きたい場所があると息子Aが。

目の前の兵庫陶芸美術館にはよらず車で移動。

その様子はまた明日ご紹介させていただきます。

では今日の最後にこの一枚を。

帰路に見た太陽が沈む西の空

最後までご覧いただきありがとうございました。

下のリンク先は数百人ものキルターさんが参加しているランキングサイトです。
私の様なアマチュアをはじめプロのキルターさんまで幅広く登録されています。
そんな皆様渾身の素敵な作品が見られますよ~ホンマにホンマやで~w。
にほんブログ村 パッチワーク・キルト
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメント